模造刀・竹光・居合刀の販売 琴屋

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

会員募集中
琴屋では会員を募集しております。会員に入会されたお客様にはお得な特典を用意させて
頂いております。
特典その1・・・会員入会時に「100ポイント」
プレゼント!!
特典その2・・・お買い上げ下さった金額の2%のポイントを贈呈。
ポイントは
1ポイント=1円で使用できます。


お知らせ
最近の刀剣ブームにより、模造刀、オリジナルの竹光やアルミ刀の入荷が遅れてきております。
短い期限のご注文は納期に間に合わない可能性がございます。
納期に余裕のあるご注文をよろしくお願いいたします。

 


年末年始の業務について

いつもお世話になっております。今年もあと僅かとなりました。年末年始の業務についてお知らせさせていただきます。年末の発送業務は12月29日までとさせていただきます。年始の始動は5日からになります。ご注文・お問い合わせは随時受け付けております。
よろしくお願いいたします。
 琴屋
 

  

       大好評につき引き続きセールです!!
模造刀の石目シリーズをすべて業界最安の価格で大放出です。今回は更に戦国シリーズの一部、居合刀もセールの対象とさせていただきます。この期間にご注文していただければセール適用価格で何本でも用意いたします。⇒セールはこちら

 

 

舞台の小道具、殺陣で使われている「竹光」自分だけのオリジナルで作ることが出来ます。鞘の柄、鞘の色、下緒の色、鍔の形、柄地(鮫皮)、柄巻の色、刀身の色、などを選び自分好みのオリジナル竹光を作ることが出来ます。 オリジナル竹光居合仕様

オリジナル竹光模造刀拵え」・・・居合仕様より低価格な模造刀拵えが登場しました。刀身は同じ硬質樫木を使用しております。


武者行列や、イベントなどに多用されている「オリジナル竹光陣太刀拵え」も販売開始いたしました。

 

 

пF(075)384-8955

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

 刀の名称

刀拵え

鞘(さや)

刀身が収まっている部分。雨露や埃から刀身を守る。木製の鞘に塗装した物や、革で覆った物、鮫皮を巻いた物などがある。
近世以降は、多様な素材と匠によって装飾が施されている。

 

柄(つか)

刀を保護するための部分。打刀の場合鮫皮を巻き着け、さらに紐などを巻き締めた物が多い。

 

柄巻(つかまき)

滑り止めと手持ちのよさを高める為のもので、縁(ふち)のきわから巻き始め、頭(かしら)の下で巻き止める。打刀の場合

 

縁(ふち)

柄(つか)を補強する為に鍔(つば)側に付けられた金具。

 

頭(かしら)

柄(つか)を補強する為に付けられた金具。縁(ふち)と一対とされることが多い。

 

柄下地(つかしたじ)

茎(なかご)を保持する為の柄(つか)の芯となる部分。 

 

鮫皮(さめがわ)

柄(つか)の補強と滑り止めの為、表面に細かな凹凸のある鮫皮を巻きつけたもの。さらに堅牢性を高めるため漆(うるし)を塗り施したものもある。

 

鵐目(しとどめ)金具

柄糸(つかいと)通して固定する為の小穴のついた金具。

 

目釘(めくぎ)

柄(つか)の表面から裏に差し通して、刀身が柄(つか)から抜け出さないようにする為の留め具。元来は目貫(めぬき)の足の部分であったが、分離して実用本位の目釘(めくぎ)となった。水牛の角製や竹製、金属製などがある。

 

目貫(めぬき)

元来は柄(つか)の表から裏に差し通して、刀身が柄(つか)から抜け出さないようにする為の目釘(めくぎ)と同じ役目をしていた留め具だった。江戸時代には頭(かしら)の装飾部分と足の部分に別れ、頭(かしら)は目貫(めぬき)となった。手溜りと滑り止めの要ともなる金具で、表側は柄(つか)の中央の縁(ふち)寄り、裏側は頭(かしら)寄りに付いている。

 

はばき

刃区部分の保護のため、また刀身を鞘(さや)内に固定する為に刀身に装着する金具。

 

鯉口(こいくち)

鞘(さや)の口の部分。堅牢性を高めるため角を装着することが多い。左手の親指で鍔(つば)を押して刀を抜く用意をすることを、「鯉口を切る」という。

 

鍔(つば)

柄(つか)の縁(ふち)とはばきに挟まれた部分に付けられた金具。柄(つか)を握るてを保護する為、また刀の重心を調節する為にある。刀を抜くときは、鞘(さや)の上部を握った左手の親指で鍔(つば)を押す。

 

切羽(せっぱ)

鍔(つば)を挟むように装着される薄い板金。鍔(つば)のがたつきを微調整して柄(つか)に鍔(つば)を固定する為にある。

 

栗形(くりがた)

下緒(さげお)を通すための穴がある。角製が多い。

 

下緒(さげお)

刀を腰に差した際、刀が抜け落ちないように帯に絡めて固定する紐。打刀の場合、長さは5尺(約150cm)前後。

 

返角(かえりづの)

逆角ともいう。刀身を鞘(さや)から抜く際、鞘(さや)ごと抜けないように帯に引っ掛ける留め具。

 

鐺(こじり)

鞘(さや)の下端部を保護するために付けられた金具。

 

鞘尻(さやじり)

鞘(さや)の下端部。