模造刀・竹光・居合刀の販売 琴屋

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

会員募集中
琴屋では会員を募集しております。会員に入会されたお客様にはお得な特典を用意させて
頂いております。
特典その1・・・会員入会時に「100ポイント」
プレゼント!!
特典その2・・・お買い上げ下さった金額の2%のポイントを贈呈。
ポイントは
1ポイント=1円で使用できます。

   

当店では「insuagram」「twitter」にて、新商品情報や商品紹介やお得な情報をお届けいたします。
もしよろしければフォローの方、よろしくお願いいたします。


お知らせ
最近の刀剣ブームにより、模造刀、オリジナルの竹光やアルミ刀の入荷が遅れてきております。
短い期限のご注文は納期に間に合わない可能性がございます。
納期に余裕のあるご注文をよろしくお願いいたします。

 


ゴールデンウイークのお知らせ

いつもお世話になっております。今年のゴールデンウィークは通常通りの営業とさせていただきます。メーカーがの休みの影響で納期が少し遅れる可能性がございますが、ご了承くださいませ。ご注文・お問い合わせは随時受け付けております。
よろしくお願いいたします。
 琴屋
 

  

           アウトレット商品の販売
模この度、普段仕入れをして重複している商品、オリジナル竹光や、アルミ刀などのご注文を頂いて製造しましたが途中でキャンセルや変更があった商品を普段の値段より少し安く出しております。もしイメージが合えばお買い得かも。こちら⇒GO

 

 

舞台の小道具、殺陣で使われている「竹光」自分だけのオリジナルで作ることが出来ます。鞘の柄、鞘の色、下緒の色、鍔の形、柄地(鮫皮)、柄巻の色、刀身の色、などを選び自分好みのオリジナル竹光を作ることが出来ます。 オリジナル竹光居合仕様

オリジナル竹光模造刀拵え」・・・居合仕様より低価格な模造刀拵えが登場しました。刀身は同じ硬質樫木を使用しております。


武者行列や、イベントなどに多用されている「オリジナル竹光陣太刀拵え」も販売開始いたしました。

 

 

пF(075)384-8955

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

武家の太刀 〜鎌倉・南北朝・室町時代〜

実戦用から神社奉納用へ

 
時代後半より実戦用から離れ、いつしか儀礼化して神社の奉納用として製作されるようになった。
 この変化の理由について、一つは兵庫鎖太刀そのものの製作費がかさみ、そのため経済的な事情から衰退していったとする見方がある。
 もう一つ、位階の高い武家しか佩用できない高級な太刀であったことが「三代制符」などの記録によってうかがわれるが、こうした貴重性からやがて、神前に最も高価で貴重なものとして捧げて祈願することへつながったと思われます。
 つまり、時代が下がるにしたがって、武家の財力低下と相俟って、豪華な太刀から粗末な奉献用太刀へと変化したのではないかと考えられる。奉納用の兵庫鎖太刀をみると、鋭い刀身に代わって薄い貧弱な鉄板状の刀身と、ただ形式をとどめただけの簡略化された外装とで作られ、盛行期の作品と比べると大きな差がある。
 現存する主な兵庫鎖太刀の奉納例としては、沃懸地酢漿紋兵庫鎖太刀(春日大社蔵・国宝)、沃懸地酢漿平文兵庫鎖太刀(春日大社蔵・国宝)、沃懸地群鳥文兵庫鎖太刀(三島大社伝来・東京国立博物館蔵・重要文化財)、三鱗紋兵庫鎖太刀(三島大社伝来・東京国立博物館蔵・重要文化財)、蓬莱文兵庫鎖太刀(丹生都比売神社蔵・重要文化財)、鶴丸文兵庫鎖太刀(熱田神宮蔵・重要文化財)、鶴蓬莱文兵庫鎖太刀ほか5振り(厳島神社蔵・重要文化財)などがある。
 刀身より見て、春日大社、東京国立博物館、丹生都比売神社の所蔵品は、実用性の強い兵庫鎖太刀、熱田神宮、厳島神社の所蔵品は奉納用として作られたと思われる。
 そのうち厳島神社には兵庫鎖太刀が6振り現存しており、それ以外にも数点あったが、焼失している。これは一社では最も多い数である。それぞれに寄進状が添えられてたことがわかり、延応元年(1239年)を上限とし、正応6年(1293年)を下限とする54年間に、鎌倉幕府より寄進されたことがうかがえる。
 寄進の動機をみると、延応・仁治・寛元(1239〜1247年)の寄進状は「天下泰平」「国土豊稔」「息災延命」といった安泰興隆を願うものである。
 次に文永から正応(1264〜1292年)の寄進状には「異国降伏御祈」のみ書かれている。これは文永・弘安の役(1274・1281年)が起こり、蒙古襲来で非常事態にあった鎌倉幕府が、元軍の降伏を祈願して寄進したものである。
 こうした古文書の内容と当時の社会的背景とを合わせ考えると、緊迫した国内情勢が想像される。このような状況下で神に最も貴重な物を捧げ、一番大切なことを祈る。そこに刀剣奉納の故事はつながっていく。


                             (前) (次)
                      (目次)