模造刀・竹光・居合刀の販売 琴屋

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

会員募集中
琴屋では会員を募集しております。会員に入会されたお客様にはお得な特典を用意させて
頂いております。
特典その1・・・会員入会時に「100ポイント」
プレゼント!!
特典その2・・・お買い上げ下さった金額の2%のポイントを贈呈。
ポイントは
1ポイント=1円で使用できます。


お知らせ
最近の刀剣ブームにより、模造刀、オリジナルの竹光やアルミ刀の入荷が遅れてきております。
短い期限のご注文は納期に間に合わない可能性がございます。
納期に余裕のあるご注文をよろしくお願いいたします。

 


年末年始の業務について

いつもお世話になっております。今年もあと僅かとなりました。年末年始の業務についてお知らせさせていただきます。年末の発送業務は12月29日までとさせていただきます。年始の始動は5日からになります。ご注文・お問い合わせは随時受け付けております。
よろしくお願いいたします。
 琴屋
 

  

       大好評につき引き続きセールです!!
模造刀の石目シリーズをすべて業界最安の価格で大放出です。今回は更に戦国シリーズの一部、居合刀もセールの対象とさせていただきます。この期間にご注文していただければセール適用価格で何本でも用意いたします。⇒セールはこちら

 

 

舞台の小道具、殺陣で使われている「竹光」自分だけのオリジナルで作ることが出来ます。鞘の柄、鞘の色、下緒の色、鍔の形、柄地(鮫皮)、柄巻の色、刀身の色、などを選び自分好みのオリジナル竹光を作ることが出来ます。 オリジナル竹光居合仕様

オリジナル竹光模造刀拵え」・・・居合仕様より低価格な模造刀拵えが登場しました。刀身は同じ硬質樫木を使用しております。


武者行列や、イベントなどに多用されている「オリジナル竹光陣太刀拵え」も販売開始いたしました。

 

 

пF(075)384-8955

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

打刀の登場 〜室町・安土桃山時代〜

戦法とともに武具も変革
 
室町時代末期に京都を舞台として繰り広げられた応仁の乱は、応仁元年(1467年)から文明九年(1477年)にかけて十一年間に及んだ長期の戦乱であった。この戦いで京の町は焼け野原と化し、公卿・僧侶・商人・諸職人たちは地方に難を逃れた。室町幕府の権威は地に落ち、領国に帰った守護大名は各地に割拠して争う構えを見せた。
 応仁の乱以後、織田信長・豊臣秀吉による天下統一が行われるまで、守護大名はそれぞれの領国において軍備を整え、実力を持って支配区域の拡大を目指し、全国各地で戦いを繰り広げた。この約100年を戦国時代という。この下克上の勢いはますます甚だしく、多くの守護大名は新興の大名にとって変わられた。河越の戦い、厳島の戦い、桶狭間の戦い、川中島の戦い、姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦いなど、大きな戦いが各地で続発した。
 このような争乱の世に兵器産業は活発となり、それに伴って武装具には著しい発展と推移が見られた。この時代の戦闘方法は、すべてが実利と実力本位であったため、これまでの戦法にこだわらず有利な交戦方法を採用した。
 まず、前代の騎馬同士の個人戦闘が衰え、密集隊形の歩兵による交戦が発達、集団戦闘へと変わった。戦場の攻撃では、従来の腰に吊り垂げた太刀に変わり腰に差して抜打ちが容易な打刀が使用された。
 また甲冑も、今までの鎧、胴丸、腹巻に代わって、兜、胴、袖の3つからなり、籠手・頬当・臑当・佩楯などを皆具する当世具足が出現。これは、槍や刀、鉄砲の攻撃から人体の重要な部分を隙間なく防御できるよう考案されたものである。

                                 (前) (次)
                            (目次)